天文学辞典 | 天文用語をわかりやすく解説

モーンダー極小期

高

よみ方

もーんだーきょくしょうき

英 語

Maunder minimum

説 明

1645年から1715年の約70年間に太陽磁気活動が弱まり、太陽表面に黒点がほとんど観測されない期間が続いた。この期間をその発見者にちなんでモーンダー(あるいはマウンダー)極小期という。ダイナモ機構の理論は、周期的活動のさまざまな性質だけでなく、このような極小期の存在も説明しなければならない。恒星ダイナモの働く、太陽以外の恒星でも同様な極小期はあると観測的にも示されているが、単に年齢が古く、自転が遅くなっているために、ダイナモ機構が働かなくなっているだけだと後に考えられるようになった恒星もある。

2018年03月06日更新

関連画像