天文学辞典 | 天文、宇宙、天体に関する用語を3000語以上収録。専門家がわかりやすく解説します。

質量-光度関係(星の)

高

よみ方

しつりょうこうどかんけい(ほしの)

英 語

mass-luminosity relation

説 明

星の質量と光度の間に見られる関係。星の内部で発生したエネルギーが放射によって運ばれる場合には、光度L、質量Mの間の関係は大ざっぱには L \propto \mu^{4}M^{3}/\kappa となる(\muはガスの平均分子量、\kappaは不透明度)。不透明度が電子散乱で支配される高温の領域では\kappaが定数となるため、大質量星の光度は質量の3乗にほぼ比例する。ただし、光の放射圧が効いてくるほど大質量の星では、質量への依存は緩やかになる。 一方、不透明度がクラマース型となる中小質量星では質量依存性が強くなり、光度は質量の約5乗に比例する。クラマースの不透明度も参照。

2019年09月14日更新

関連画像

星の質量-光度関係。質量、光度は太陽単位。絶対等級ば実視等級。
Kuiper,G.P. (1938) ApJ 88, 472より図の一部を改変して引用。
http://articles.adsabs.harvard.edu//full/1938ApJ....88..472K/0000489.000.html