天文学辞典 | 天文用語をわかりやすく解説

マーズパスファインダー探査機

 

よみ方

まーずぱすふぁいんだーたんさき

英 語

Mars Pathfinder

説 明

アメリカ航空宇宙局(NASA)が1996年に打ち上げた火星着陸探査機。低コストの惑星探査ミッションであるディスカバリー計画の1号機である。1997年7月、バイキング計画から20年以上たって、火星のアレス(エリーズ)谷と呼ばれるアウトフロウチャンネル(大洪水地形)の底に着陸した。ソジャーナと命名された重さ10 kgの小型ローバで周囲を観察した。多色カメラで岩石を観察するとともに、アルファ線陽子線X線分光計で岩石組成を調べた。玄武岩、安山岩と似た組成の岩石が発見されており、いずれも洪水の上流域から運ばれてきたと考えられる。また、流水による浸食を受けた地形や削れた岩石を観察している。

2018年03月29日更新

関連画像

マーズパスファインダーのカメラで撮像した着陸地点周囲とソジャーナ(NASA)