天文学辞典 | 天文用語をわかりやすく解説

磁気ループ

 

よみ方

じきるーぷ

英 語

magnetic loop

説 明

太陽の光球で異なる極性の磁極を結ぶ半環状の磁気構造のこと。上方に凸になるΩ形状のループが通常観測される。この磁気形状の磁場に沿ってコロナ温度のプラズマが満たされるとそれはコロナループとして観測され、フレア後期に観測されるように彩層温度のプラズマで満たされるとループプロミネンスとなる。2つの接近したΩループが一つの磁力線でつながっているとすると、その間にはU型の形状が現れるが、これが一体となって光球上を移動していると解釈できる現象が黒点の外周部に観測されており、それはUループと呼ばれる磁気ループである。

2018年03月06日更新

関連画像