天文学辞典 | 天文用語をわかりやすく解説

ライマン連続光

 

よみ方

らいまんれんぞくこう

英 語

Lyman continuum

説 明

水素原子の自由-束縛放射で、基底準位に束縛されるときに放射される連続光。O型星B型星光球表面やその周囲の電離水素領域などから放射される、ライマン端よりも短い波長の光で、星間空間にある中性水素原子の電離エネルギー源となっている。

2018年04月18日更新

関連画像