天文学辞典 | 天文用語をわかりやすく解説

太陰暦

高

よみ方

たいいんれき

英 語

lunar calendar

説 明

月の満ち欠けの周期である朔望月(約29.5日)を単位とした暦。実際の1月は30日の大の月と29日の小の月をほぼ交互に繰り返す。1月という概念はあるが、1年という概念はない。太陰暦の12か月は約354日で、太陽暦の1年である約365日より11日短い。太陰暦は季節を反映しないので、農業や多くの現代社会の活動には不便な側面がある。現在使われている太陰暦の代表的なものはヒジュラ暦(イスラム暦ともいう)である。

2018年03月23日更新

関連画像