天文学辞典 | 天文用語をわかりやすく解説

低表面輝度銀河

 

よみ方

ていひょうめんきどぎんが

英 語

low-surface-brightness galaxy

説 明

表面輝度の低い銀河のこと。夜空(背景光)とのコントラストが低いため、観測で見落としやすく、光度関数を作成するときなどに注意が必要である。特に遠方宇宙では赤方偏移zのマイナス4乗で表面輝度が減衰するため、観測が困難になる。

2018年03月23日更新

関連画像

カナダ-フランス- ハワイ望遠鏡によるおとめ座銀河団のサーベイで見つかった多数の低表面輝度銀河。
http://cfht.hawaii.edu/en/news/FaintGalaxiesInVirgo/