天文学辞典 | 天文用語をわかりやすく解説

ローレンツ力

高

よみ方

ろーれんつりょく

英 語

Lorentz force

説 明

電荷qをもつ粒子が速度\boldsymbol{v}で磁束密度\boldsymbol{B}の磁場中を運動すると、MKSA単位系で測ったときq\boldsymbol{v}\times\boldsymbol{B}の力を受ける。これをローレンツ力という。電流密度が\boldsymbol{j}のとき、単位体積当たりに受ける力は\boldsymbol{j}\times\boldsymbol{B}となるのでこの項をローレンツ力と呼ぶこともある。アンペールの法則から変位電流がないときは磁気圧の項と磁気張力の項とに分解できる。また、電場も存在しているときに電場\boldsymbol{E}から受ける力q\boldsymbol{E}も含めてローレンツ力と呼ぶこともある。

2018年03月06日更新

関連画像