天文学辞典 | 天文用語をわかりやすく解説

地方時

高

よみ方

ちほうじ

英 語

local time

説 明

世界の地方毎に使われている時間の総称。厳密には以下のものがある。平均太陽時に経度差の分だけ補正した時刻を地方平均時あるいは地方平時(LMT; local mean time)と呼ぶ。地球は1日に360°回るので、経度15°あたり1時間の割合でずれを補正すればよい。しかし、経度ごとに違う時刻を採用しては日常生活に支障をきたしてしまうので、国や地域ごとにある特定の子午線にもとづく時刻を便宜的に使用することが多い。この特定の子午線を標準子午線(standard time meridian)といい、協定世界時に標準子午線の経度を加えた時刻を標準時(standard time)あるいは地方標準時(LST; local standard time)と呼ぶ。共通の標準時を使う地域全体を「タイムゾーン(time zone)」という。

2018年10月06日更新

関連画像

世界の地方標準時(タイムゾーン)
https://en.wikipedia.org/wiki/Time_zone#/media/File:Standard_World_Time_Zones.png