天文学辞典 | 天文用語をわかりやすく解説

局所慣性系

 

よみ方

きょくしょかんせいけい

英 語

local inertial reference frame

説 明

アインシュタイン(A. Einstein)の一般相対性理論の基礎となっている等価原理によれば、重力が作用している座標系から自由落下している加速座標系に移ることで重力の影響を打ち消すことができる。ただし、重力は空間や時間によって変化するため、この加速座標系は時空全体ではなく限られた狭い領域を考えざるを得ない。このような局所的な加速座標系を局所慣性系と呼ぶ。局所慣性系に固定された時計の時刻は固有時である。慣性系も参照。

2018年05月08日更新

関連画像