天文学辞典 | 天文用語をわかりやすく解説

直線分子

 

よみ方

ちょくせんぶんし

英 語

linear molecule

説 明

原子が串刺しの団子のように直線上に並んでできている分子。2原子分子は全て該当するし、原子3個以上で構成されている分子にも直線上に並んだものが多数ある。星間空間では、一酸化炭素COや一酸化ケイ素SiOの他、シアン化水素HCNやHCO^+(厳密には、これはイオン)などがあり、また炭素がたくさん並んだC_{\rm 3},C_{\rm 5},HCN,HC_{\rm 3}N, HC_{\rm 5}N, HC_{\rm 11}Nなども発見されている。直線分子の回転エネルギー準位Eは非常に規則的で回転量子数Jにより、
E=hBJ(J+1)-hDJ^{\rm 2}(J+1)^{\rm 2}
で与えられる。ここでhプランク定数Bは回転定数、Dは遠心力定数である。BDの値は分子によって異なる。回転遷移も参照。

2018年04月20日更新

関連画像

直線分子の例。HC3Nの分子構造模型。
http://kida.obs.u-bordeaux1.fr/species/124/HC3N.html