天文学辞典 | 天文用語をわかりやすく解説

リービット

 

よみ方

りーびっと

英 語

Leavitt, Henrietta Swan

説 明

アメリカの女性天文学者(1868-1921)。セファイド変光星の周期-光度関係を発見した。ラドクリフ大学を卒業して、ハーバード大学天文台で恒星の写真測定に従事した。小マゼラン雲のなかの星の写真光度を測っていて、ある種の変光星(セファイド変光星)の周期と光度との間によい相関があることを見つけた。これはハーバード大学天文台が南米においた望遠鏡で写した多数の乾板を、the Harvard Women と呼ばれた女性のグループが測定するプロジェクトの一環であり、星のスペクトル分類によるカタログづくりと同じ手法だった。彼女の発見により、セファイドを見つければ周期-光度関係を利用して銀河の距離が決められるようになった。アンドロメダ銀河M31などに適用されて、宇宙論的な銀河の研究が進展した。

2018年05月14日更新

関連画像

https://en.wikipedia.org/wiki/Henrietta_Swan_Leavitt