天文学辞典 | 天文に関する用語を3000語以上収録。専門家がわかりやすく解説します。

LIGO

 

よみ方

らいご

英 語

Laser Interferometer Gravitational-Wave Observatory (LIGO)

説 明

米国の重力波検出器で、ルイジアナ州のリビングストン(Livingston, Louisiana)とワシントン州のハンフォード(Richland, Washington)の2つの観測所(距離約3000 km)に設置されているL字型構造をしたレーザー干渉計で、リビングストンのものは腕の長さが4 km、ハンフォードには腕の長さが2 kmと4 kmの2機がある。
腕の中で光を反射鏡で何度も反射させることにより、実効約300 kmの基線長をもたせている。2つの観測所の最大の光行差は10ミリ秒であり、三角測量により重力波源の方向を計算できる。リビングストンの装置は 2004年に能動的な振動分離システムを採用し 0.1-5 Hz の振動ノイズを1/10に減少させた。2015年9月に太陽質量の数十倍のブラックホール-ブラックホール連星の合体から生じたとされる重力波の信号を2つの観測所で世界で始めて観測した、その後、ブラックホール-ブラックホール連星の合体からの重力波を3回観測した後、2017年8月に二重中性子星連星の合体から生じた重力波をVIRGO干渉計を含む3つの観測所で観測した。
マルチメッセンジャー天文学キロノバも参照。
ホームページ:https://www.ligo.caltech.edu/

2019年05月13日更新

関連画像

LIGO (Livingston)の写真
(出典:LIGOホームページ https://www.ligo.caltech.edu/)