天文学辞典 | 天文用語をわかりやすく解説

ラーモア運動

 

よみ方

らーもあうんどう

英 語

Larmor motion

説 明

磁場中を運動する荷電粒子は、速度と垂直の向きにローレンツ力を受けるので、軌道は磁力線に巻きつくようならせんを描く。これをラーモア運動という。MKSA単位系で物理量を測るとき、磁束密度がBで荷電粒子の質量がm、電荷がq、磁場に垂直な速度成分がv_{\perp}のとき、らせんの半径はmv_{\perp}/qBとなる(荷電粒子の速度が相対論的なときにはローレンツ因子を乗ずる)。これをラーモア半径という。

2018年03月06日更新

関連画像