天文学辞典 | 天文用語をわかりやすく解説

ラグランジュ

 

よみ方

らぐらんじゅ

英 語

Lagrange, Joseph Louis

説 明

イタリア生まれのフランスの数理物理学者、数学者(1736-1813)。主著『解析力学』(1788-9)を出版した。イタリアのトリノで生まれ、18歳頃から突然数学の才能を発揮し、王立陸軍砲兵学校で教えた。後に認められてベルリン科学アカデミー会員(1766)、フランス科学アカデミー会員(1787)となる。フランス大革命の後、メートル法委員会委員、経度局設立委員、エコールポリテクニク教授となり、解析学を講義した。イギリスのニュートンの力学は、大陸ではモーぺルチョイ(P. Maupertuis)やオイラー(E. Euler)によって微積分学を用いて整備されたが、ラグランジュは変分法を確立してこれを書き直した。主著『解析力学』中の天体力学に関するテーマには、木星衛星の運動、ポテンシャルの導入、月が同一面を地球に向ける理由、惑星軌道の永年変化と周期変化、三体問題におけるラグランジュ点の特殊解などがある。ラグランジュの研究は後世に圧倒的な影響をあたえた。

2018年05月14日更新

関連画像

https://en.wikipedia.org/wiki/Joseph-Louis_Lagrange