天文学辞典 | 天文、宇宙、天体に関する用語を3000語以上収録。専門家がわかりやすく解説します。

ケプラー

高

よみ方

けぷらー

英 語

Kepler, Johannes

説 明

ドイツの天文学者(1571-1630)。バイル・デア・シュタット出身のプロテスタント。チュービンゲン大学で地動説を学び、熱烈なコペルニクス説の支持者になった。コペルニクス(N. Copernicus)が発見した、公転周期が大きな惑星ほど軌道半径も大きいという宇宙に関する調和の法則を探求した。グラーツ大学教授のときに『宇宙誌の神秘』(1596)の中で、惑星体系の数理理論を初めて展開した。1597年にティコ・ブラーエ(Tycho Brahe)の招きでプラハに移り、ティコの死後、彼の火星観測データを解析、惑星の楕円運動に関する3法則(ケプラーの法則)の発見を2冊の著書で公表した(1609, 1619)。楕円軌道論に基づく惑星表「ルドルフ表」とともに、1611年の『屈折光学』も大きな業績である。ケプラー式望遠鏡も参照。

2018年09月14日更新

関連画像

ケプラー
ケプラーの肖像画(1610, 作者不詳)
http://en.wikipedia.org/wiki/Johannes_Kepler