天文学辞典 | 天文、宇宙、天体に関する用語を3000語以上収録。専門家がわかりやすく解説します。

ジョドレルバンク天文台

 

よみ方

じょどれるばんくてんもんだい

英 語

Jodrell Bank Observatory

説 明

英国マンチェスター大学の付属天文台で、天文研究の拠点と複数の電波望遠鏡が設置されている。2019年にユネスコの世界遺産に認定された。マンチェスターの南方約20kmほどで、マンチェスターとロンドンを結ぶ幹線鉄道沿いにあるが、徒歩圏内には駅や町はない。マンチェスター市中心部からは車で40分ほどを要す。
敷地内には、主力となる口径76mのロベール望遠鏡と横長楕円形という独特の口径であるマークⅡ望遠鏡がある。また、英国内の7つのアンテナで構成するVLBIであるe-MERLINの本部や1平方キロメートル望遠鏡計画の本部も敷地内にある。
一般見学者のための施設「ジョドレルバンク発見センター」も構内にあり、2つの展示館(うち1つは軽食堂と売店を併設)、1つの講堂があるほか、世界の複数の地の樹木が植樹された公園がある。
ホームページ http://www.jodrellbank.manchester.ac.uk/

2019年10月12日更新

関連画像

ジョドレルバンク天文台のロベール望遠鏡
http://www.jodrellbank.manchester.ac.uk/news-and-events/jbca-looking-for-new-head-of-engineering-for-jodrell-bank-observatory.htm にある画像(item5_ii_image2.jpg)