天文学辞典 | 天文用語をわかりやすく解説

ジェイムズクラークマクスウェル望遠鏡

 

よみ方

じぇいむずくらーくまくすうぇるぼうえんきょう

英 語

James Clerk Maxwell Telescope(JCMT)

説 明

アメリカのハワイ島マウナケア山頂にある、単一鏡としては世界最大の口径15mを持つサブミリ波望遠鏡。イギリスがオランダの協力のもと1983年に建設を開始し、1987年にファーストライトを迎えた。周波数215-690GHzをカバーする複数のヘテロダイン受信機と検出素子数が約1万のボロメータアレイカメラ(SCUBA-2)が搭載されている。現在は東アジア天文台(East Asian Observatory)が運用している。マウナケア国際天文台も参照。
ホームページ:http://www.eaobservatory.org/jcmt/

2018年04月11日更新

関連画像

ジェイムズクラークマクスウェル望遠鏡のドームのシャッターが開いた状態。望遠鏡前面を電波を通すメンブレンが覆っている。(山下卓也氏撮影)