天文学辞典 | 天文用語をわかりやすく解説

ホースシュー式架台

 

よみ方

ほーすしゅーしきかだい

英 語

horseshoe mount

説 明

赤道儀の一種。極軸の一方の端を巨大な馬蹄型の軸受けで支える方式で、大型望遠鏡に用いられる。パロマー天文台の5 mヘール望遠鏡で初めて採用された。その後馬蹄型軸受けを赤緯軸近くに持ってくるよう改良され、1970年代の4 m級望遠鏡の架台として広く用いられた。

2018年10月04日更新

関連画像

ホースシュー式架台
* ホースシュー式架台 
岡村・家・犬塚・小山・千葉・富阪編『天文学辞典』、シリーズ現代の天文学別巻(日本評論社)p. 395
原図は前原英夫「星座と望遠鏡」(丸善)
パロマー天文台のヘール望遠鏡のホースシュー架台
http://www.astro.caltech.edu/palomar/about/telescopes/hale.html