天文学辞典 | 天文に関する用語を3000語以上収録。専門家がわかりやすく解説します。

地平座標系

中

よみ方

ちへいざひょうけい

英 語

horizontal coordinate system

説 明

天文座標系の一つで観測者を中心とした座標系。天体の位置は高度と方位(方位角)で表す。観測者の真上にあたる方向を天頂と呼ぶ。これは観測地における測地楕円体面の垂線方向に等しい。また、天頂を通り、南北を結ぶ大円を子午線と呼ぶ。地平座標系は直観的に便利であるが、観測者ごとに異なり、地球自転によって回転する回転座標系である。
方位角は北を0^\circとし、天頂方向を軸として時計回りに東を90^\circ、南を180^\circ、西を270^\circのように数える。高度は地平線から測った天体の仰角で、地平線方向が0^\circ、天頂方向が90^\circとなる。高度と逆に天頂から測った角度を天頂距離と呼ぶ。天体の高度hと天頂距離zの関係はh = 90^\circ- zである。

2018年12月11日更新

関連画像

地平座標系
* 地平座標系
片山真人「天体位置の表現」、シリーズ現代の天文学第13巻、福島登志夫編『天体の位置と運動』第2版 2章 図2.7 (日本評論社)