天文学辞典 | 天文に関する用語を3000語以上収録。専門家がわかりやすく解説します。

ハニカム鏡

 

よみ方

はにかむきょう

英 語

honeycomb mirror

説 明

蜂の巣のような中空構造を持たせて軽量化したガラスで製作した望遠鏡用の鏡。製法上、融点が低く粘度も低いボロシリケート系のガラスが用いられる。これらのガラスは膨張率が低膨張率ガラスに比べると大きいので温度制御には配慮が必要となる。アリゾナ大学の鏡研究所がこの手法で最大8.4m鏡を製作している。鏡材を参照。

2018年03月06日更新

関連画像

アリゾナ大鏡研究所で製作された3.5mハニカム鏡
http://baryon.as.arizona.edu/m135.gif