天文学辞典 | 天文に関する用語を3000語以上収録。専門家がわかりやすく解説します。

ヒッパルコス衛星

 

よみ方

ひっぱるこすえいせい

英 語

Hipparcos satellite

説 明

ヨーロッパ宇宙機関(ESA)が1989年8月に打ち上げた地球を周回する人工衛星。HipparcosとはHIgh Precision PARallax COllecting Satelliteの略称で、その名のとおり、天体の位置だけでなく年周視差を精密に計測することを目的とする衛星であった。年周視差を精密に観測することは、距離を精密に観測することにつながり、その結果さまざまな物理量の精度が向上することになる。観測成果はヒッパルコスカタログとティコカタログ(タイコカタログ)としてまとめられ、光学的に国際天文準拠系を構成する基本星表の役割を果たしている。 なお、データは同じであるが解析方法を変更した改訂版ヒッパルコスカタログが2007年に出ており、年周視差の誤差が格段に小さくなっている。ガイア衛星はヒッパルコス衛星の後継機にあたる。
ホームページ:https://www.cosmos.esa.int/web/hipparcos
ヒッパルコスカタログとティコカタログ:
https://www.cosmos.esa.int/web/hipparcos/catalogues
改定版ヒッパルコスカタログの検索ツール:
http://vizier.u-strasbg.fr/viz-bin/VizieR?-source=I/311    (VisieR)
https://eco.mtk.nao.ac.jp/cgi-bin/koyomi/cande/stars_rhip.cgi (国立天文のサイト)

2019年02月21日更新

関連画像

ヒッパルコス衛星
ヒッパルコス衛星(クレジット:ESA)。
http://sci.esa.int/hipparcos/