天文学辞典 | 天文、宇宙、天体に関する用語を3000語以上収録。専門家がわかりやすく解説します。

ヒルダ群小惑星

 

よみ方

ひるだぐん

英 語

Hilda asteroids

説 明

木星軌道の内側で、小惑星帯(メインベルト)の外側部分にあって、木星と2:3の軌道共鳴状態にある小惑星。このため、ヒルダ群の天体は、太陽を挟んで木星の反対側(木星-太陽-ヒルダ群の角度が180度)か、木星より約60度前か後(木星-太陽-ヒルダ群の角度が±60度)のいずれかの位置で遠日点を通過する。2019年までに約4000個が見つかっている。名前は小惑星ヒルダ(153) Hildaに由来する。

2019年08月08日更新

関連画像

* ヒルダ群小惑星、トロヤ群小惑星、木星などの2020年初における位置(作成:片山真人)