天文学辞典 | 天文用語をわかりやすく解説

高速度星

 

よみ方

こうそくどせい

英 語

high velocity star

説 明

太陽近傍の恒星で視線速度が65 km s-1以上のものを指す。天の川銀河銀河系)の円盤に属する星は太陽と同じく円盤内で銀河中心を回るほぼ揃った運動をしているので、太陽との相対速度はそれほど大きくない。高速度星はたまたま現在太陽の近くにあるが、円盤の回転とは異なった運動をするハローに属する星である。視線速度は小さくても固有運動の大きな星はハローに属する星の可能性が高い。明るい高速度星としては、うしかい座の1等星アルクトゥールスが有名。

2018年10月02日更新

関連画像

* 高速度星の存在から推測された銀河系の構造のイメージ図(左上)。右はその基礎になった高速度星の発見と考察を述べたオールトの論文の解説図。
(岡村定矩氏提供)
図1 現在のうしかい座付近の恒星の並び。
図2 固有運動測定値に基づいて推定した紀元前1万年の、うしかい座付近の恒星の並び。図1と比べると、アルクトゥールスだけが相対位置を大きく変えている。距離も考慮に入れると、アルクトゥールスは他の恒星とは大きく異なる速度ベクトルを持つ高速度星であることがわかる。恒星間飛行シミュレーションソフトHippLiner(http://t.nomoto.org/HippLiner/)を用いて作図。