天文学辞典 | 天文用語をわかりやすく解説

ハーシェル, ウィリアム

高

よみ方

はーしぇる,うぃりあむ

英 語

Herschel, William

説 明

ドイツ出身のイギリスの天文学者(1738-1822)。金属反射望遠鏡をつくり、天王星を発見し、天の川銀河銀河系)の円盤構造を明らかにした。ドイツのハノーバー生まれ。軍楽隊員としてヨーロッパ各地を巡回した後、イギリスへ移住、音楽家として暮らした。音楽に携わる中で次第に数学と天文学に興味を持ち、自ら望遠鏡の製作を始めた。
自作の望遠鏡で全天の星の計数観測を行っているとき、後に天王星と命名される新惑星を発見した (1781年)。その功績でジョージ3世の王室付き天文官になる。星の計数観測で、望遠鏡の視野内に星が多く見える方向ほど星が遠くまで分布すると仮定して、恒星が凸レンズ状に分布する宇宙(現在でいえば天の川銀河)の姿を描き出した。掃天観測中に二重星星雲を多数みつけてカタログ化した。観測の助手は妹のカロラインが務めた。望遠鏡の製作は400台におよび、最大のものは口径1.26 m、焦点距離12 mの経緯台式である。それらを用いて、土星、天王星の衛星を4つ発見した。
赤外線を発見したことでも知られる。息子のジョンも後に著名な天文学者となった。

2018年09月14日更新

関連画像

ハーシェル,ウィリアム
ウイリアム・ハーシェルの肖像画(1785, Lemuel Francis Abbottによる)
https://en.wikipedia.org/wiki/William_Herschel