天文学辞典 | 天文用語をわかりやすく解説

ハーシェル,カロライン

高

よみ方

はーしぇる,かろらいん

英 語

Herschel, Caroline Lucretia

説 明

ドイツ生まれのイギリスの女性天文学者(1750-1848)。兄、ウィリアム・ハーシェルの観測助手を務めて天体観測を行い、自らもハーシェル・リゴレ周期彗星など、いくつかの彗星を発見した。またウィリアムの観測を整理して星雲カタログを発表した。この目録がのちにNGCカタログに発展する。兄の死後はドイツのハノーバーに戻り、星雲カタログづくり、自伝書きなどに努める。英王立協会ゴールドメダル(1828)、プロイセン科学ゴールドメダル受賞。

2018年08月15日更新

関連画像

ハーシェル,カロライン ルクレチア
http://doi.org/10.3932/ethz-a-000110923