天文学辞典 | 天文用語をわかりやすく解説

ハービッグAe/Be型星

 

よみ方

はーびっぐえーいーびーいーがたせい

英 語

Herbig Ae/Be stars

説 明

可視光で観測される、主系列星に到達する前の若い中質量星。質量は太陽質量の約2-10倍程度である。スペクトル型は輝線を伴うA型B型であり、表面温度は8000-30000K である。ハービッグAe/Be 型星は、中質量星の前主系列収縮段階にあると考えられ、同じ進化段階にある小質量星のTタウリ型星に比べて観測される個数ははるかに少ない。すばる望遠鏡などの大型望遠鏡により星周円盤が撮像されているものもある。

2018年04月02日更新

関連画像

(ESO, ALMA (ESO/NAOJ/NRAO); A. Isella; B. Saxton (NRAO/AUI/NSF))
https://www.eso.org/public/usa/images/potw1652a/