天文学辞典 | 天文用語をわかりやすく解説

ヘリウム

中

よみ方

へりうむ

英 語

helium

説 明

原子番号2の元素。元素記号でHeと表記される。質量数4のものがほとんどだが、3の同位体もわずかに存在する。存在量は水素に次いで多い。
その存在は、1868年の皆既日食時に取得された彩層のスペクトル線の中に新たに見出された輝線としてフランスのジャンサン(P.J. Janssen)により発見された。これがその時点で知られていない元素であると結論したのはイギリスのロッキャー(Sir N. Lockyer)であり、当時地球には見つかっていなかった太陽固有の元素ということでヘリウムと名づけられた。地球上では1882年にヘリウムの存在が確認された。

2018年03月12日更新

関連画像