天文学辞典 | 天文、宇宙、天体に関する用語を3000語以上収録。専門家がわかりやすく解説します。

New

ヘリウム殻フラッシュ

 

よみ方

へりうむかくふらっしゅ

英 語

helium shell flash

説 明

漸近巨星分枝星にみられる暴走的なヘリウムの殻燃焼。熱パルスともいう。漸近巨星分枝星では炭素と酸素の縮退コアの周囲にヘリウム層が形成され、そのさらに外側の水素殻燃焼の結果としてヘリウム層の質量は次第に増加する。このヘリウム層が燃焼を始めると、層の幾何学的薄さのために熱的に不安定となり、ヘリウム殻フラッシュを起こす。このフラッシュは対流の発生とヘリウム量の減少によって収束に向かうが、熱パルスは漸近巨星分枝段階で繰り返し起こる。

2018年08月16日更新

関連画像

*漸近巨星枝星において繰り返し起こるヘリウム殻フラッシュによる中心核やヘリウム燃焼殻の質量や光度の変化(モデル計算の結果)。
斎尾英行「中小質量星の進化」、シリーズ現代の天文学第7巻、野本・定金・佐藤編『恒星』4章 図4.8 (日本評論社)