天文学辞典 | 天文用語をわかりやすく解説

地動説

中

よみ方

ちどうせつ

英 語

heliocentrism

説 明

1543年にコペルニクス(N. Copernicus)が、当時の標準的な宇宙観であった天動説に対して提示した説。惑星は中心にある太陽の周りを公転するとした。学術上の名称は「太陽中心説(heliocentrism)」である。当初は、キリスト教会の権威に裏付けられた天動説に対する「異端」として迫害を受けた。ガリレオ(Galileo Galilei)が望遠鏡で木星の周りを回る衛星の観測を出版し(1610)、ティコ・ブラーエ(T. Brahe)の精密な惑星の観測データから、ケプラー(J. Kepler)が惑星運動の法則(ケプラーの法則)を導きだし(1619)、それが万有引力の法則によって説明されることをニュートン(I. Newton)が示して(1687)地動説が確立した。
コペルニクス以前にも、地球が動いているとする考えを持った人はいた。最も古くて有名なのは、サモスのアリスタルコス(Aristarchus)で、太陽中心説に基づいて、月の大きさや太陽までの距離の測定までも試みた。しかし、コペルニクス以前の説は一般には地動説とは呼ばない。

2018年08月27日更新

関連画像

地動説
* 地動説の概念図(クレジット:国立天文台暦計算室)
https://eco.mtk.nao.ac.jp/koyomi/wiki/C5B7C6B0C0E2.html
地動説
地動説(クレジット:国立天文台図書室)
http://library.nao.ac.jp/kichou/open/049/