天文学辞典 | 天文用語をわかりやすく解説

はやぶさ2探査機

中

よみ方

はやぶさつーたんさき

英 語

Hayabusa2 Spacecraft

説 明

宇宙航空研究開発機構(JAXA)のはやぶさ探査機の後継機。直径約900 mの小惑星リュウグウ(Ryugu)の詳細な観測とサンプルリターンを目的としている。リュウグウは、はやぶさ探査機がサンプルを持ち帰ったイトカワと同じ地球接近小惑星の一つであるが、スペクトル型がC型の炭素質小惑星で、S型の小惑星イトカワと比べるとより始原的な天体で、有機物や含水鉱物をより多く含んでいると考えられている。
はやぶさ2は2014年12月3日にJAXAにより打ち上げられた。イオンエンジンを主な駆動力として、姿勢制御には太陽光の光圧を利用するソーラーセイルモードを併用している。2015年12月3日に地球スイングバイでリュウグウへ向かう軌道に入り、2018年6月27日にリュウグウに到達した。2019年末に予定されているリュウグウ出発までの間、リュウグウのそばのホームポジション(リュウグウと地球を結ぶ方向でリュウグウ表面から約20 kmの高さ)に滞在し、ここをベースとして20 km程度の範囲を移動して、さまざまな観測と3回の着陸サンプリングを行う予定である。3回のサンプルは別々に回収され、3回目の着陸の前には、衝突体により表面を破壊し小さなクレータを作って、その中からサンプルを取る。また、MASCOTとミネルバ2という小型着陸機とローバで表面の詳細観測も行う。サンプルは2020年に地球に帰還する予定である。
主な観測装置としては、科学観測や航法のための写真を撮影する光学航法カメラ(可視-近赤外)、表面温度を調べる中間赤外カメラ(8-12ミクロン)、表面の鉱物を調べる近赤外分光計(1.8-3.2ミクロン)、リュウグウと探査機の間の距離を測定するレーザー高度計(30 m-25 km)がある。
リュウグウ到達後、はやぶさ2探査機はミッションを遂行中である。2018年9月21日にはミネルバ2をリュウグウに向けて投下した。リュウグウ表面で移動中にミネルバ2が撮影した写真が22日に送られてきて、着地に成功したことが確認された。
アメリカNASAのアポロ計画により1969年に初めて月の岩石や砂が、その後旧ソ連のルナ計画でも月の砂が地球に持ち帰られた。今世紀になってからは、スターダスト計画(NASA)により彗星塵が、そして我が国のはやぶさ計画(JAXA)では小惑星のサンプルが持ち帰られた。また、はやぶさ2計画だけでなく、NASAでも2016年9月に打ち上げられたオサイリス・レックス(OSIRIS REx; オシリス・レックスと呼ばれることもある)が小惑星ベヌー(ベンヌと呼ばれることもある)からサンプルを採取して、2023年に地球帰還予定である。

2018年09月23日更新

関連画像

小惑星リュウグウにタッチダウンを行う「はやぶさ2」のイメージ図。
(クレジット: JAXA)
http://jda.jaxa.jp/result.php?lang=j&id=fc2e662185324ca7051ff42bf8d2463d
はやぶさ2探査機の概要(クレジット: JAXA)