天文学辞典 | 天文用語をわかりやすく解説

ハーバード大学天文台

 

よみ方

はーばーどだいがくてんもんだい

英 語

Harvard College Observatory(HCO)

説 明

アメリカのハーバード大学の研究所として1839年に設立された。マサチューセッツ州ケンブリッジにある。1973年以降はスミソニアン天文台(1890年設立)とともに、ハーバード-スミソニアン天体物理学研究センターとして運営されている。アメリカでも有数の古くからの天文台で、南半球での観測も行うなどして、恒星スペクトル分類を初め数々の歴史的な業績で知られている。1847年に完成した口径15インチ(38 cm)の屈折望遠鏡はGreat Refractorと呼ばれその後20年間アメリカ最大の望遠鏡であった。ここ50年間は一般観望に使われている。写真乾板保管庫には、1880年代から1989年まで100年以上に渡って(1953-68年は抜けている)さまざまな望遠鏡で撮影された約50万枚の天体写真乾板がある。その中には、ヘンリードレーパー星表に使われたものや、リービット(H. Leavitt)がセファイド周期-光度関係を発見したマゼラン銀河の乾板もある。写真乾板に基づく研究を支えたのはリービットキャノン(A.J. Cannon)ら優秀な女性研究助手たちで、彼女たちはThe Harvard Women と呼ばれた。
ホームページ:http://www.cfa.harvard.edu/hco/

2018年03月13日更新

関連画像

ハーバード大学天文台
http://www.flickr.com/photos/ashpags/3134237148/

The Great Refractor
http://en.wikipedia.org/wiki/Harvard_College_Observatory
The Harvard Women
http://www.radcliffe.edu/about/quarterly/w06_astronomers.aspx
1888年当時のハーバード大学天文台。Pickering 1888, Henry Draper Memorial, second annual report of the Photographic Study of Stellar Spectra conducted at the Harvard College Observatory より(注記は岡村定矩による)