天文学辞典 | 天文用語をわかりやすく解説

ハビタブルゾーン

高

よみ方

はびたぶるぞーん

英 語

habitable zone

説 明

地球と似た生命が存在できる惑星系の空間。生命居住可能領域、生存可能圏とも呼ばれる。液体の水が天体表面に安定に存在できる条件(表面温度0-100\,^\circ {\rm C})から求められる。恒星の周囲の球状の空間で、太陽系では、太陽から0.97-1.39天文単位(au)程度である。恒星からの距離だけではなく、惑星に大気が存在することも重要な要素である。現在の地球の大気・海洋組成に対しては、太陽に近い内側の境界は、温室効果が強くなり水が蒸発を始めることで決まる。いったん蒸発が始まると、水蒸気による温室効果が強くなるため、温度はさらに上昇する。外側の境界は、惑星表面が凍り付く条件で決まる。いったん凍り始めると反射率が上がり、天体が獲得する太陽エネルギーが減少するため、さらに温度が低下する。
ハビタブルゾーンの範囲は、中心の恒星の質量と年代、惑星の質量、自転速度、自転軸の傾き、大気の量と組成などにも影響を受ける。太陽系外惑星では、赤色矮星Gliese 581の周囲に発見されている6個の惑星のうち、内側から4番目の地球質量の3-4倍の天体Gliese 581 gが、ハビタブルゾーンのほぼ中央部に位置することがわかっている。2017年現在で、太陽系外の恒星のハビタブルゾーンにある岩石惑星は21個以上見つかっている。2017年には、みずがめ座の方向で距離約12パーセク(12 pc=40光年)にあるトラピスト-1という恒星(スペクトル型 M8)の周りに地球サイズの惑星が7個見つかった。このうち3個はハビタブルゾーンにある。

2018年09月12日更新

関連画像

*ハビタブルゾーンの概念図
https://www.e-education.psu.edu/astro801/content/l12_p4.html を元に制作