天文学辞典 | 天文用語をわかりやすく解説

中性水素ガス雲

 

よみ方

ちゅうせいすいそがすうん

英 語

HI cloud, neutral atomic hydrogen cloud

説 明

主要な成分である水素が主に中性原子状態(HⅠガス)で存在している星間ガス雲のこと。
中性水素ガス雲には温度が1万度程度のウォームガス(warm gas, warm neutral medium)と呼ばれる成分と温度が100K程度のコールドガス(cold gas, cold neutral medium)と呼ばれる成分がある。
主にウォームガスは水素原子の超微細構造遷移に伴う波長21cmの輝線で観測され、コールドガスは同じ波長の吸収線で観測される。星間物質も参照。

2018年04月12日更新

関連画像