天文学辞典 | 天文、宇宙、天体に関する用語を3000語以上収録。専門家がわかりやすく解説します。

ガイド望遠鏡

 

よみ方

がいどぼうえんきょう

英 語

guiding telescope

説 明

観測に用いる望遠鏡に同架してガイドのために用いる口径の小さい望遠鏡。一般に口径が小さい望遠鏡は写野が広いため、ガイド星(案内星)を探しやすいというメリットがある。しかし、大型望遠鏡ではほとんどガイド望遠鏡を用いない。望遠鏡の焦点部で得られる写野のうち観測に用いない周辺部分の星像を利用してガイドを行う方法が主流である。口径の小さいガイド望遠鏡では、暗いガイド星は見えないからである。

2018年09月28日更新

関連画像

* 補正板口径105 cmの木曽シュミット望遠鏡に取り付けられた口径20 cmのガイド望遠鏡