天文学辞典 | 天文用語をわかりやすく解説

グレゴリオ暦

高

よみ方

ぐれごりおれき

英 語

Gregorian calendar

説 明

1582年にローマ法王グレゴリオ13世によって、従来のユリウス暦を廃して新たに制定された暦。当時の有名な数学者・天文学者のクラビウス(C. Clavius)を中心とする法王直属の委員会が考案した。ユリウス暦同様に太陽暦であるが、季節とのずれを改良する以下の置閏規則に基づいている。

1 平年の1年は365日、うるう(閏)年は2月に1日加えて366日とする
2 西暦年数が4で割り切れる年はうるう年
3 ただし、100で割り切れるが400で割り切れない年は平年

1と 2はユリウス暦と同じだが、3が新たに加えられた。この規則により、400年に97回のうるう年があることになり、1年の平均の長さは、(365\times 400 + 97)/400=365.2425日となり、1太陽年(約365.2422日)とのずれは0.0003日となった。すなわち、3300年後でも季節とのずれはわずか1日である。ユリウス暦と季節とのずれは1582年当時10日近くにもなっていたため、改暦に当たって1582年10月4日(木)の翌日が1582年10月15日(金)となり、曜日は連続したが、日付は10日飛ばされた。

2018年03月11日更新

関連画像