天文学辞典 | 天文用語をわかりやすく解説

全地球測位システム

中

よみ方

ぜんちきゅうそくいしすてむ

英 語

Global Positioning System(GPS)

説 明

米国によって運用されている衛星測位システム。英語ではGlobal Positioning System、略してGPSと呼ばれる。
約30個のGPS衛星が打ち上げられており、同時に4機のGPS衛星からの電波を受信すると、自分自身の地球上の位置を正確に知ることができる。もともとは米国の軍事用のシステムであったが、現在では非軍事の用途にも広く利用されており、カーナビゲーションや携帯電話への組み込みなど急速に普及している。
時刻 t_j に衛星から発信した電波を時刻 T に観測者が受信したとすると、衛星から観測者までの距離は \rho_j=c(T-t_j) となり、3衛星からの信号を受信すれば位置を決定できるように思われる。しかし、実際には t_j は衛星の時計で、T は受信機の時計で記録されるため、両者のずれ \Delta T だけ異なる値となる。3衛星でなく4衛星の信号を受信するのはこのずれを求めるためであり、それにより位置だけでなく時刻も正確に知ることができる。時刻標準報時信号も参照。

2018年09月17日更新

関連画像

GPS
* 全地球測位システム
片山真人「天体位置の表現」、シリーズ現代の天文学第13巻、福島登志夫編『天体の位置と運動』第2版 2章 図2.22 (日本評論社)