天文学辞典 | 天文用語をわかりやすく解説

ジオット彗星探査機

 

よみ方

じおっとすいせいたんさき

英 語

Giotto

説 明

1986年に回帰したハレー彗星に接近して観測するため、1985年7月2日にヨーロッパ宇宙機関(ESA)が打ち上げた探査機。1301年に出現したハレー彗星を描いたイタリアの画家ジオットにちなんで命名された。1986年3月14日にハレー彗星の核から600kmまで接近して彗星核の撮像に成功して、ダストの成分分析などを行った。最接近の瞬間ダストの大粒子が衝突して、アンテナが地球から逸れたため、地球との交信が一時的に途絶えた。その後、カメラ以外の観測機器は駆動することがわかり、1992年7月、グリッグ-シェレルップ彗星に200kmまで接近して観測を行った。

2018年03月12日更新

関連画像

ジオット探査機(ESA)
(ESA. Courtesy of MPAe, Lindau)http://sci.esa.int/giotto/26428-the-nucleus-of-comet-halley/