天文学辞典 | 天文用語をわかりやすく解説

ガウス

高

よみ方

がうす

英 語

Gauss, Carl Friedrich

説 明

ドイツの数学者(1777-1855)。貧しい労働者の子として生まれたが、幼少から数学的才能を発揮したため、援助を得て1798年にゲッティンゲン大学を卒業した。20歳代前半までに、正17角形の作図法、楕円関数の二重周期性、最小自乗法、代数学の基本定理の証明、整数論など、画期的研究成果をあげた。1801年に発見された小惑星ケレスと第2の小惑星パラスの軌道決定、および軌道決定理論は天文学上の大きな業績である。1807年にはゲッティンゲン大学教授と同天文台長を務め、測地学、地磁気学でも多くの優れた研究成果を残した。

2018年03月06日更新

関連画像

ガウス
http://en.wikipedia.org/wiki/Carl_Friedrich_Gauss