天文学辞典 | 天文、宇宙、天体に関する用語を3000語以上収録。専門家がわかりやすく解説します。

ガリレオ

小

よみ方

がりれお

英 語

Galilei, Galileo

説 明

イタリアの物理学者・天文学者(1564-1642)。ピサに生れピサ大学で医学を修めた。振子の等時性の発見など若い頃から物理学の研究にも従事、1589年にはピサ大学教授、1592年からはパドヴァ大学教授を務めた。1609年、オランダで眼鏡職人が偶然発明したと噂に聞いた望遠鏡の原理を理解し、自ら製作して天体観測を行った。望遠鏡による観測で、木星の4大衛星、金星の満ち欠け、月と太陽の表面観測、星の集団としての天の川の認識など、重要な発見をして、これを1610年に『星界からの報告』として出版した。『新天文学対話』(1632)で擁護した地動説を巡ってローマ法王庁から弾圧を受けた。天文学だけでなく、力学における基本原理と、実験的手法に基づく数理的解釈など近代科学の方法論を確立した先駆者である。ガリレオ式望遠鏡も参照。

2019年12月10日更新

関連画像

ガリレオの肖像画(1636, Justus Sustemansによる)
https://en.wikipedia.org/wiki/Galileo_Galilei