天文学辞典 | 天文用語をわかりやすく解説

銀河中心核

 

よみ方

ぎんがちゅうしんかく

英 語

galactic nucleus

説 明

銀河の中心にある極めて高密度な質量源。 天の川銀河銀河系)を含むいくつかの近傍銀河については、中心核のごく近くにある星やガスの運動が高角分解能で 観測されており、高密度な質量源の正体は超大質量ブラックホールであると推定されている。 超大質量ブラックホールに降着円盤ができると活動銀河核になり、あらゆる波長で明るく輝く。 銀河系の中心にはわれわれから最も近い銀河中心核がある。星間減光が極めて大きいため可視光では見えず、 電波、赤外線、X線などで調べられている。 銀河系の中心核はいて座{\rm A}^{\ast}(Sgr {\rm A}^{\ast})呼ばれる点状(0.1秒角以下)の電波源である。そこには太陽の質量の 約400万倍のブラックホールがあると推定されている。降着円盤を持たないので活動銀河核ではない。 すべての銀河の中心に大質量ブラックホールがあるのかどうかはわかっていない。いて座Aも参照。

2018年08月16日更新

関連画像

銀河系(天の川銀河)の中心にある超巨大ブラックホールいて座A*。
(クレジット:X-ray: NASA/UMass/D.Wang et al., IR: NASA/STScI)。
https://www.nasa.gov/mission_pages/chandra/multimedia/black-hole-SagittariusA.html