天文学辞典 | 天文用語をわかりやすく解説

ガイア衛星

高

よみ方

がいあえいせい

英 語

Gaia satellite

説 明

天の川銀河銀河系)の詳細な三次元地図を作ることを目的としてヨーロッパ宇宙機関が2013年12月に打ち上げたアストロメトリ専用の衛星。ヒッパルコス衛星の後継機である。太陽と地球のラグランジュ点L_2の周りで観測を行う。20等級までの約10億個(天の川銀河にある星の約10%)の恒星の位置と固有運動、17等級までの恒星の視線速度を測定する。 精度はヒッパルコス衛星より約2桁高い10万分の1秒角のレベルに達する。2016年9月に最初の約1年間分の観測に基づくデータを公開した(Gaia-DR1)。2018年4月に2回目のデータ公開(Gaia-DR2)が行われ、ヒッパルコス衛星の観測と比べて星の個数、精度とも圧倒的に向上した結果がすでに得られてきている。 具体的には、約13億個の星の年周視差が測定され、その精度は15等級より明るい星に対しては40マイクロ秒角(0."00004)程度、20等級の暗い星でも700マイクロ秒角(0.7ミリ秒角=0"0007)程度の精度がある。さらなる精度と信頼度の向上が今後のデータ公開で期待されている。最終的なデータ公開は2022年頃になる予定。

2018年06月18日更新

関連画像

ガイア衛星想像図
ガイア衛星の想像図。
https://www.cosmos.esa.int/web/gaia/media-gallery/images/ig_spacecraft
ガイア衛星全天画像
ガイア衛星の第二次公開データに基づく全天画像。約17億個の星の明るさの測定値から得られたもの。
https://www.cosmos.esa.int/web/gaia/gaiadr2_gaiaskyincolour