天文学辞典 | 天文に関する用語を3000語以上収録。専門家がわかりやすく解説します。

平坦波面長

 

よみ方

へいたんはめんちょう

英 語

Fried(coherence)length

説 明

大気中の温度分布に依存する屈折率のムラのため、天体からの光は大気層を通過する間にその波面が乱される。波面位相の乱れが無視できる程度の領域の大きさを平坦波面長r_0と呼ぶ。フリード長とも呼ばれる。平坦波面長は波長の6/5乗に比例し、大気条件の良い場合、可視光域で約20 cm程度となる。望遠鏡の直径を D とすると、入射ビーム中には D^2/r_0^2 個の位相の独立な光束があることになる。補償光学シーイングも参照。

2018年10月06日更新

関連画像