天文学辞典 | 天文に関する用語を3000語以上収録。専門家がわかりやすく解説します。

フラウンホーファー回折

 

よみ方

ふらうんほーふぁーかいせつ

英 語

Fraunhofer diffraction

説 明

平面波が遮光板に設けられた開口部を通過するときに、開口部から 十分に離れた位置で観測される回折現象。波長が\lambda、スリットのサ イズがDのとき、距離がD^2/\lambdaより遠い場合に適用できる。フレネル回折の距離が無限遠の極限に相当する。開口部の後ろにレンズを 置いた場合の焦点部での複素振幅分布、ひいては光強度分布は フラウンホーファー回折と同じパターンとなる。さらに、開口が円形の場合は、理想的な望遠鏡の結ぶ回折限界像(エアリーパターン) となる。

2018年03月12日更新

関連画像