天文学辞典 | 天文用語をわかりやすく解説

置閏法

 

よみ方

ちじゅんほう

英 語

formula for leap years and/or leap months

説 明

暦(カレンダー)と季節がずれないように、うるうと呼ばれる余分な日や月を挿入するための規則。太陰太陽暦では、13か月からなるうるう年を19年に7回置く章法が有名である。現在最も広く用いられているのは、グレゴリオ暦で採用された、366日からなるうるう年を置く置閏法(ちじゅんほう)である。グレゴリオ暦を参照。

2018年03月06日更新

関連画像