天文学辞典 | 天文、宇宙、天体に関する用語を3000語以上収録。専門家がわかりやすく解説します。

平坦な回転曲線

 

よみ方

へいたんなかいてんきょくせん

英 語

flat rotation curve

説 明

渦巻銀河銀河円盤の広い範囲でガスや星の回転速度がほぼ一定であるため、グラフ上でほぼ平坦に見える回転曲線を指す用語。1979年代後半から1980年代前半にかけてルービン(Vera C. Rubin)たちが多くの渦巻銀河で観測して以来こう呼ばれるようになった。これは渦巻銀河がそれを取り巻く大きなダークマターハローに包まれていることを示す証拠である。

 

2020年02月14日更新

関連画像

* 分光観測から銀河の回転曲線を求める手続の解説図(作成 岡村定矩)
「赤方偏移」の項の解説も参照。
ルービン達による21個のSc型銀河の回転曲線の観測データ。
出典:Rubin, V. C.; Ford, W. K., Jr.; Thonnard, N. 1980, ApJ, 238, 471
ルービン達による21個のSc型銀河の回転曲線(左図)。右図は21個の回転曲線を重ね合わせたもの。外側に向けて速度が減少するものは一つもない。
出典:Rubin, V. C.; Ford, W. K., Jr.; Thonnard, N. 1980, ApJ, 238, 471
国際天文学連合(IAU)が1985年にプリンストンで開催した研究会集録の表紙。すべての銀河はダークハロー(ダークマターのハロー)に包まれていることを強烈に印象づけた。
東京大学天文学教室所蔵の集録より作成(岡村定矩)