天文学辞典 | 天文、宇宙、天体に関する用語を3000語以上収録。専門家がわかりやすく解説します。

FOCAS

 

よみ方

ふぉーきゃす

英 語

Faint Object Camera and Spectrograph

説 明

すばる望遠鏡カセグレン焦点に搭載された微光天体分光撮像装置。装置内の平行光束中に挿入する光学素子として、フィルターグリズム偏光子などを選ぶことにより、波長域370-1000 nmでの撮像、分光、偏光分光などさまざまな観測が可能。撮像観測では視野直径6分角を0.1秒角/画素で撮影、分光観測では50個あまりの天体のスペクトルを、それらの天体の位置に合わせてスリットを切ったマスクを事前に用意することで同時に観測できる。遠方銀河の観測などで活躍している。偏光分光観測モードは極超新星ガンマ線バーストの研究などでユニークな成果を挙げた。
ホームページ:
https://www.naoj.org/Introduction/instrument/j_FOCAS.html

2019年02月06日更新

関連画像

望遠鏡に搭載された微光天体分光撮像装置FOCAS(国立天文台)
*FOCASの構造図。コリメータ光学系で平行光束になった部分に分散素子(グリズム)、フィルター、偏光素子(波長板、ウォラストンプリズム)が配置されている。
佐々木敏由紀「天体観測装置」、シリーズ現代の天文学第15巻、家・岩室・舞原・水本・吉田編『宇宙の観測I』第2版 7.2節 図7.5 (日本評論社)