天文学辞典 | 天文用語をわかりやすく解説

ファブリーレンズ

 

よみ方

ふぁぶりーれんず

英 語

Fabry-lens

説 明

光電測光器の光電子増倍管の光電面に望遠鏡の主鏡像(入射瞳)を結ばせるために挿入するレンズ。眼視観測の際の接眼レンズに相当する。望遠鏡焦点面にできる天体の実像は、望遠鏡の追尾誤差や大気ゆらぎなどのために動いてしまうことがある。一方、主鏡像は、天体によって照らされた主鏡からの光を見ているため、天体像の動きと関係なく常に均質である。よって、主鏡像を光電面に結像させると、光電面は、追尾誤差や大気ゆらぎなどによる天体像のゆらぎと無関係に常に一定の光量で照らされることとなり、高い測光精度を得ることができる。

2018年04月12日更新

関連画像

*ファブリ―レンズの概念図。 
光電子増倍管の光電面に主鏡像ができるため、ダイアフラム(望遠鏡焦点面に設けられた。星像を透過する孔)内で星像が揺らいでも(図中の緑や黄色の光線に相当)常に光電面は均質に照らされる。