天文学辞典 | 天文用語をわかりやすく解説

エラトステネス

高

よみ方

えらとすてねす

英 語

Eratosthenes

説 明

アレキサンドリアの地理学者・天文学者(B.C.276-B.C.194)。キュレネ(北アフリカ)出身、アテネで修学後、エジプトのプトレマイオスIII世に招かれてアレキサンドリアの図書館長に就任したとされる。彼の最も有名な業績は、夏至の正午に、ほぼ同じ子午線上にあるシエネ(アスワン)とアレキサンドリアの太陽高度差を測定し、地球の全周長をわずか数%の誤差で決定したことである。また、素数かどうかを調べるための「エラトステネスのふるい」の記述、地理学研究の一環として世界地図を作成したことでも知られる。

2018年03月06日更新

関連画像

エラトステネス
http://en.wikipedia.org/wiki/Eratosthenes