天文学辞典 | 天文用語をわかりやすく解説

エマルションチェンバー

 

よみ方

えまるしょんちぇんばー

英 語

emulsion(cloud)chamber

説 明

原子核乾板やX線フィルムなどの感光材料を鉛板の間に挿入したもので、高エネルギー粒子の相互作用により発生する電磁シャワーの発達を測定し、エネルギーを決めるカロリメータと呼ばれる種類の粒子検出器の一種である。優れた位置分解能(~1 μm)を持つ。エマルションクラウドチェンバー(ECC)とも呼ばれる。

2018年03月06日更新

関連画像

http://luna.kwjc.kobe-wu.ac.jp/asakimori/jacee/chamber.html